10月の初旬に、個人的には一大プロジェクト(!)だったフォーマル寄りのキモノの機会があったのですが、例によって長いので(笑)ゆう★後に回すこととして、10月のその他のコーディネイト記録を先に。。。

 

同じく10月初旬、オペラシティの近江楽堂で行われた劇団・J-Theaterの公演に行った時のコーディネイト。

 

まだちょっと暑かったので、この日は染め紬の単衣@はちすさんに、半衿は渋い色目の籠目のような模様のはぎれ@tentoさん。

日が暮れるー! と焦って着て撮ったので、なんかイマイチ暗いですが。。。お見苦しくスミマセン。汗 秋の日はつるべ落とし。

 

この日は、特に意味はないけど幾何学コーデ。縞も一応幾何学の仲間?
帯はイエロー〜茶のグラデーションで織られた、古代っぽい感じもするざっくり八寸名古屋帯@はちすさん。
帯揚げはキモノの縞のなかから薄グリーンの縮緬無地。白黒の市松模様の三分紐で引き締めて、帯留めは千鳥格子のブローチ@ブラフシューペリア。さらに懐中時計のタッセル@つばめボビン

後ろもなんか曲がってるし、ブレている。。。ガーン

バッグはベージュ系のグラデーションで網代模様が表されたヴィンテージビーズバッグ。一見大人しめながら、よく見るとやっぱり職人技のキラキラピカピカ


今回の演目は、日本人作家シリーズ・三島由紀夫「近代能楽集」より、『葵上』と『卒塔婆小町』。

初めての近江楽堂は、とっても素敵な空間!おんぷ
広さとしてはこぢんまりですが、天井が高く、音も声もとてもよく響くのです。結婚式などにも使われるというだけあって、ちょっと教会風?

演劇にはまったく不案内ながら、友人が参加しているというだけでJ-Theaterの演劇は何度か見せてもらっているのですが、いつも鬼気迫るような演技に惹き込まれてしまいます。今回はチェロの演奏も好かった水玉

友人のやすだまことさん。連日の公演お疲れさまです。きらきら

今回は、『卒塔婆小町』のなかで厳かな袴姿で控えている能管奏者。ここぞという場面で音色が入るのです。♪

実は能管のみならず、実にいろんなことができるスーパーマン。水玉
またの舞台も是非、楽しみにしたいと思います☆

 

JUGEMテーマ:和装の愉しみ

 

 

ご覧戴き、ありがとうございます☆

↓ブログランキングに参加しています。クリックして戴けると、たいへん励みになります♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ

0


    Calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    Archive

    Profile

    Handmade label





    KIMONO Booklog

    Mobile

    qrcode

    Link

    Search

    Other